名刺ポケットの使い方 

※※編集中※※

iOS用名刺管理アプリ『名刺ポケット』をご使用いただきまして誠にありがとうございます。

『名刺ポケット』は「知りたい情報は名刺の画像があれば充分」そんなコンセプトの名刺管理アプリです。

・これから会う取引先の名刺をすぐに確認したい
・相手先のFAX番号をすぐに確認したい
・以前名刺交換したけどどこでお会いした方だったっけ?

そんなときにポケットから名刺を出してササッと確認するように気軽に使ってください。

さあ、名刺はポケットの中のアプリに全部入れちゃいましょう!

1.メイン画面
アプリを起動した最初の画面が『メイン画面』です
名刺はここに並んで表示されます

名刺ポケットメイン画面
  • 上のアイコンは右から『名刺データ追加』『ファイルメニュー』『設定』です
  • 名刺を選択(タップ)するとその名刺の『拡大画像』が表示されます
  • 名刺を右に動かす(右フリック)すると『編集モード』にはいれます
  • 名刺を左に動かす(左フリック)するとその名刺を『削除』できます

2.名刺画像

名刺画像

メイン画面で名刺をタップすると表示されます

  • 画面の右上『編集』をタップすると『編集モード』にはいれます
  • 左上の『<』をタップするか、画面の左端から右にフリックすると前の画面に戻れます
  • 名刺画像をタップすると表と裏が切り替えられます
  • 画像を2本指で拡大(ピンチアウト)できます

3.編集モード
名刺情報を編集します
メイン画面の『名刺データ追加』か名刺画像の『編集』をタップするとこのモードになります

編集モード
  • 右上の『更新(名刺データ新規追加の時は『作成』)』をタップすると情報が確定されます
  • 左上の『<』をタップするか、画面の左端から右にフリックすると前の画面に戻れます
  • 入力したい項目をタップするとキーボードが出ます。入力が終わったら改行を押すかエリアの外をタップしてください
  • 面倒な時は入力しないままでも使用できます
  • 項目は以下の7つです

組織 → 会社の名前や属している組織名
組織かな → 読みがなを入力して下さい。この項目でメイン画面の並び順があいうえお順にソートされます
名前 → 個人名
名前かな → 個人名の読みがな。あいうえお順にソートされます
memo → ちょっとメモしておきたいこと。例えば○○で出会った、○○会関係者、など
画像表・裏 → 名刺の画像です

画像編集
  • 画像表・裏をタップすると小メニューがでます

カメラで撮影する:デバイスのバックカメラが起動します

カメラ撮影

画面下右から『ライト』『シャッター』『バックボタン』です
『シャッター』をタップすると画像が確定されます。出来るだけ画角いっぱいに名刺を撮影して下さい
撮影が終わると『画像の編集』ができます。下で説明します
画像が暗い時は『ライト』を試して下さい
撮影をやめる時は『バックボタン』です
写真APPから読み込む:デバイスの『写真』APPに保存されている画像を読み込みます
画像を編集する:画像サイズを小さくしたり画像切り抜きができます

画像編集

画面上部に画像サイズが表示されます(正確なものではありません。目安にしてください)
右側下のほうに3つ並ぶボタンは上から『圧縮』『矩形(くけい)』『回転』です。
『圧縮』をタップするとデータサイズを小さくできます
1回タップするごとに幅・高さが約10%小さくなります
※元々の画像によってはかえってデータサイズが大きくなることがあります
※画像の文字が読める範囲でできる限りデータサイズは小さいほうが好ましいです
『矩形(くけい)』はAIが画像内で四角形を探します
上手く四角形が見つかるとその周囲がが赤い線で囲まれます

矩形変換

赤い四角形は四隅のターゲットをドラッグして微調整できます。指が邪魔で中心が見にくい時は少し離れた場所でドラッグしてみてください
『決』ボタンをタップすると画像が赤い線で切り取られ、名刺サイズに射影変換されます
無事変換されたら右上の『確定』ボタンで画像を確定させて下さい
『回転』は画像を右に90度回転させます
表裏を入れ替える:画像の表と裏を入れ替えます
画像を削除する:選択した画像を削除します
キャンセル:小メニューを終了します

4.ファイルメニュー

  • 『.csv読み込み』保存しておいた名刺データ、もしくはパソコンなどで作成した名刺データを読み込みます

・読み込めるファイル形式は.csv(コンマ区切りテキスト)のみです
・項目は以下の7つです
組織 → 会社の名前や属している組織名
組織かな → 読みがなを入力して下さい。ここの項目でメイン画面の並び順がソートされます
名前 → 個人名
名前かな → 個人名の読みがな
memo → ちょっとメモしておきたいこと。例えば○○で出会った、○○会関係者、など
画像表・裏 → 名刺の画像です

・パソコンなどで作成する時はNumbersやExcelなどを使って作成し.csv型式で書き出してください

・画像はそのままでは読み込めません。Base64の文字列に変換して下さい
※Base64への変換については別途変換アプリやインターネット上の変換サービスを使用してください
・一部の項目だけをパソコンで作成して読み込み、あとは当アプリ上で編集することもできます
・ヘッダー行は読み込みません(上の画像で『会社』『会社かな』『名前』‥の部分です)
・読み込み元項目とアプリ項目の対応をヘッダー行で調整できます

読み込み
  • 『.csv書き出し』全てのデータを.csv型式で書き出します

・大量の画像を.csvで書き出すとアプリがクラッシュするので名刺100組ずつに分けて書き出されます
・画像はBase64型式の文字列に変換されます
・デバイス内に書き出されます。書き出されたファイルは『ファイルAPP』から確認して下さい
『ファイルAPP』→『ブラウズ(画面の下)』→『このiPhone(iPad)内』→『meishi pocket』
・現時点で選択したデータのみの書き出しには対応しておりません

  • 『バックアップからリストア』バックアップファイルから全データを復旧します

・今ある名刺データは全て削除されて選択されたバックアップファイルに置き換えられます
・バックアップファイルは事前に『バックアップ』で保存したファイルを使用します
バックアップファイルは『meishi_pocket_bk_保存した日時』の名前のものです ※『_bk』が入っているもの
・バックアップファイルが『iCloud Drive』などに保存されている時は『ファイルAPP』でデバイス内の『meishi pocket』フォルダー内に移動させてください
・関係ないファイルを選択するとアプリがクラッシュすることがあるのでご注意ください

  • 『バックアップ』全てのデータをバックアップします

・デバイス内にデータベースが保存されます
・バックアップファイルは『meishi_pocket_bk_保存した日時』という名前で保存されます
・名刺の数が多いとファイルサイズも大きくなるのでご注意ください
・デバイスのストレージを使いすぎないよう古いバックアップファイルのこまめな削除をお勧めします
・バックアップからリストアできるか試しておくと安心です

  • 『全削除』全てのデータを削除します

・元に戻せませんので慎重にお願いします