石窯つくり1 2013年6月10日

今から4年ぐらい前の2013年、ピザ窯をつくりました。

製作過程の写真を残していたんで紹介します。

石窯1

まずは設計図を描きます。

手前の紙切れです。案外いいかげんなものですがレンガの数をだす必要があるのでそれなりに正確に。

で、それをもとに材料を購入。

写真はイメージをつかむのに仮に並べたところです。

裏向きなので写ってないですがレンガにはSK34の刻印があります。耐火レンガの規格で最高使用温度1380度というやつです。

耐火レンガ、アサヒキャスターという耐火モルタルの一種、外壁部分に使うピンコロ石などで5万円ぐらい使いました。記憶では。

ムシじゃん、の人のイラスト

自宅にムシ被害がでたご主人さんのイラストです。

シロアリ被害じゃんシロアリの被害にあったご主人さん。

畳にもシロアリ被害畳めくったらシロアリじゃん。

キクイムシ??キクイムシ??

アリじゃん

 

お、アリじゃん。

 

一通り描いたあとに、日本を代表するイラストレーターの一人「和田誠」さんのイラストに似ていることに気づきました。

……いや、そうでもないです。思い上がりも甚だしいです。すみません。雲泥の差です。私は泥です。ヘドロです。泥の中でおぼれているスッポンです。

そんな月とスッポンのスッポン側の私ですが、10代のころ星新一さんのSF小説をそりゃあもう熱中して読んでいまして、その挿絵イラストが和田誠さんでした。

細かく言うと、星新一作品の挿絵に使われていたのは真鍋博さんというイラストレーターが一番多くて、その次に多かったのがが和田誠さんでした。私はダントツで和田誠さんが好きでした。

おそらくその30年以上前に見たイラストのイメージが私の中にずっと残っているんだろうなと思います。よく見るとそんなに似ているわけでもないのかな?でも影響を受けたのは間違いないです。

 

それでは間違いなく私のオリジナル作品、床下マンで締めますわ。

床下マン

ムシのイラスト現行バージョン3

ムカデムカデは「線」を表示しなくしただけです。

ムカデ

 

 

 

実はこんなのも作ったんですが、なんか納得できなかったんでボツ。(一度シガ防虫カレンダーにちょこっと使いました)

ムカデ頭を作り変えたバージョン。

 

クモクモはお気に入りです。可愛いでしょ?

口を ω ←これにするとなんでも可愛く見えるんですよね。

なんてずるいイラストレーションでしょう笑。

 

ムシのイラスト現行バージョン

旧バージョンの昆虫(及び昆虫じゃない害虫・害獣)のイラストを公開したんで、今のバージョンも紹介します。シガ防虫公式サイトで使っているやつです。

 

ヤマトシロアリ兵蟻ヤマトシロアリの兵隊アリです。

ちょっとトボけた表情にしてみました。

ヤマトシロアリ働きアリヤマトシロアリ羽アリ

働きアリと羽アリです。

ゴキブリ

Gキブリ。◯ンチョールをシューしてます。

 

ハクビシン

今のバージョンのネズミイラストはもひとつ出来がよくないんで(って自分でいうのもあれですが)かわりにハクビシンをどうぞ。

レストア6

2016/3/5

スバル360レストア50

ついにサーフェイサーまできました。

ここにくるまでにパテを埋めては削り、埋めては削りを繰り返してボディーの凹凸をとっています。

ちなみに 凹凸←おうとつ 凸凹←でこぼこ 変な字。

 

2016/3/10

上塗りです。

スバル360レストア51

楽しい作業です。

でも今回の塗装でわかったこと。黄色はなんぎな色やわ。

黄色は顔料の性質からか、下地を隠蔽する効果が弱いんですね。つまり、色が薄い。

なもんで、サーフェイサー吹いたあといれた緑色のパテが透けて見えちゃうんです。パテしたあとにもう一度サーフェイサー吹くべきやった。

透けないように何度も重ね塗りをすることになってしまいました。でも、おかげでちょっと黄色に深みが出たようです。

 

2016/4/6

外していたものを組み付けていきます。

スバル360レストア52

チラッと見える革巻きのハンドルは、自分で革を巻きました。シガ防虫公式サイトのブログで紹介しています。

ハンドル

スバル360レストア

だんだんそれらしくなってきました。

塗装剥離、サビ落としの苦行がうそのように爽やかな気分です。

 

2016/4/8

スバル360レストア54

フェンダーも取り付けて、白に塗り直したホイルもつけて、あと少しです。

スバル360レストア55

この空気取り入れのところのブーメラン型のやつはアルミ板を叩いて作ったものです。

もともとついていたのはプラスチックで安っぽかったからです。たしか前に所有していた中期型のスバルは鉄製やったと思うんですが。

屋根周り、ドア周りのゴム類も可能な限り新品に取り替えました。もちろん純正品ではないです。名古屋のダイコーゴムさんという会社が古い車のゴムパーツを製作しておられまして、そこからいくつか購入しました。ダイコーゴムさんのことは古い車に乗っている人ならみんな知っていると思いますが。

 

2016/4/14

ほぼ完成です。

スバル360レストア

一番最初にドアの建て付けにかかわるドアストライクの話をしましたが、それが真ん中ちょい上にある銀色のパーツ。改造してあったんで、真ん中で切り離して形を整えて溶接しました。

その右下ISOネジシールとタイヤ空気圧シールはパソコンで作ったものです。

 

2016/4/20

完成!

フロントウィンドウは自分でいれるのはちょっとリスキーだと思ったんで、車検時に二輪工房さんにいれてもらいました。

スバル360レストア57

 

スバル360レストア59スバル360レストア58

かわいいくるまです。

世界の自動車界は電気自動車・自動運転にシフトする流れのようです。

近い将来このスバルも公道を走れなくなる日がくるのかもしれませんね。

バタバタとうるさいエンジン音、白煙……。

たしかに過去のもんやわな。

レストア5

2015/12/17

スバル360レストア40

室内にサーフェイサー(中塗り)を吹き付けました。

スバル360レストア41

サーフェイサーはわりかし早く乾くので、いきおいで上塗りも吹き付け。

 

2016/1/13

またちょっと日がとんでます。

スバル360レストア42

いろいろと苦労したこの部分。

フレーム的な場所なんで少し厚めの鉄板を溶接して作りました。

 

2016/2/3

スバル360レストア43

ボンネットの中になる部分。サビ被害がなさそうな部分は剥離をするのをやめました。

スバル360レストア44

とりあえずサフを吹いて、

スバル360レストア45

上塗りします。

 

2016/2/12

スバル360レストア46

ボディーの後ろ。お尻のところです。

POR-15を塗っているのでそんなに酷く見えませんが、サビでボコボコになっています。

スバル360レストア47

思い切って切り取りました。

そしてまた鉄板をチョキチョキっ、ハンマーでトントンと。

スバル360レストア48

なかなか慣れたものです。

スバル360レストア49

溶接の火花がタイヤなどに影響しないように専用のスパッタシートを被せています。

レストア4

2015/10/21

スバル360レストア27

切り取ったところを溶接していきます。

スバル360レストア28

こんな感じに溶接します。

奥にチラッと見える黄色のが半自動溶接器、スター電器のsuzukidアーキュリー160です。単相200V(エアコンとかと同じやつ)仕様でなかなか使い勝手がいい溶接器です。

その横にオレンジのホースから繋がる赤い物体はスリーエムのダブルアクションサンダー。コンプレッサーからのエアーで丸いサンドペーパーを動かします。

この二つはレストア作業に大活躍しました。

 

2015/10/23

スバル360レストア29

先に作ったフロアー用のパネルも溶接しました。

 

2015/10/28

スバル360レストア30

運転席の足元も切り取って、

 

2015/10/29

スバル360レストア31

鉄板を溶接しちゃいました。

スバル360レストア32

 

2015/11/4

スバル360レストア33

細かいところも鉄板切り貼りしていきます。

 

2015/11/11

スバル360レストア34

溶接した部分は PORパッチパテで隙間をふさぎます。

このパテは POR-15をパテにした防錆性能の高いパテです。

 

2015/11/12

スバル360レストア35

助手席側も穴があいて鉄板が弱っていると思われるところは切り取りました。

黒いのは塗装剥離したあとに錆が進行しないようにとりあえず塗ったPOR-15です。

スバル360レストア36

またしても鉄板を叩き出してパネルをつくりました。

スバル360レストア37

そして溶接。

ちょっとづつ溶接がうまくなっていくんですが、まだこのころは極意を見いだせていません。ちなみに今も見出してないですが。

 

2015/11/27

スバル360レストア38

ボンネット内、バッテリー置き場の下側はバッテリー液の影響でか完全にサビで腐っていたので、ここも切り取って鉄板で作り直しました。

 

2015/11/28

スバル360レストア39

溶接でパーツをつけてPORパッチパテを塗り込みました。

これでボディー切り貼りの大きな山場は越えました。

レストア3

2014/12/4

スバル360レストア13

フェンダーも外して塗装を剥離しました。

 

2014/12/15

スバル360レストア14

ボディーの様子。

スバル360レストア15

ここもかなり気になっていたところ。

どうしても水がたまりやすくサビが出やすい場所です。

このスバルはFRPで補修してあるようです。グラスウールの目が見えています。

スバル360レストア16

アップにしたところ。

非常に怪しい感じです。

 

2015/1/21

大半のパーツを外してボディー塗装を全剥離していきます。

スバル360レストア17

今回はエンジン及びエンジンルームは何も触らない予定です。なぜならエンジンは絶好調だからです。二輪工房さんの腕がいいんだと思います。前のスバルは調子が悪いのでキャブレターを調整したら(自分で)さらにおかしくなって、また調整したらさらにおかしくなっての繰り返しでドツボにはまった記憶があります。

 

2015/1/24

スバル360レストア18

ボディー全体に薄くパテが塗ってあるので、剥離作業は難航しています。

剥離したらPOR-15を塗るの繰り返しで少しづつ進んでいます。

スバル360レストア19

ちょこちょこサビで開いた穴が出てきます。

 

2015/10/7

いきなり半年以上日付がとびます。

ボディーの外側が終わったあと作業をしばらくお休みしていました。

暖かい季節で害虫駆除業がそこそこ忙しかったのと、時間がある時はバードウォッチング、ハチ追い(岐阜や長野の郷土食「蜂の子」になるクロスズメバチを探す遊び)なんかをしていました。

スバル360レストア20

床の剥離をしたところ。

ポコポコ穴が空いています。げっそり。

 

2015/10/8

スバル360レストア21

運転席側。

あれ?これ鉄板ちゃうやん?

FRP?

スバル360レストア22

強引にめくりました。

FRPが下の鉄板と全く引っ付いていません。強度出ていないのでは??でもモノコックボディーでこれはちょっと怖いな。

スバル360レストア23

案の定どでかい穴を発見。

スバル360レストア24

切り取ってもたれ。

 

2015/10/20

スバル360レストア25

切り取った床パネルと同じもの(いや、同じにはならなんだ。がんばったけど)を鉄板で作りました。

強度を上げるリブ(凹凸)は鈑金ハンマーで叩きだしています。

スバル360レストア26

2014/12/15に怪しいと思っていた部分。

思い切って切開すると、発泡ウレタンが充填されていました。

水が溜まるので+多少の強度アップということでしょうか。でもウレタンのおかげで水が抜けないとこができる可能性もあるよなあ。

ここの鉄板とウレタンは全てとっちゃいましょう。

ダクトっぽいのはヒーターの紙ダクトです。エンジンルームの熱気をファンでフロントウィンドウに持っていくやつです。

しかしこのウレタンを綺麗にとるのに随分苦労しました。